ホーム >  その他のよくある質問

その他のよくある質問

このページでは、当事務所に寄せられた刑事事件に関するよくある質問とその答えを掲載していきます。

 

1.刑事事件とは何ですか?

2.逮捕とは何ですか?

3.自首とは何ですか?

4.訴訟とは何ですか?

5.冤罪とは何ですか?

6.保釈・釈放とは何ですか?

7.示談とは何ですか?

8.執行猶予とは何ですか?

9.刑事事件に関係する主な法律

10.親告罪とは何ですか?

11.不起訴とは何ですか?

12.前科とは何ですか?

13.覚醒剤で捕まったらどうすればいいですか?

14.痴漢で捕まったらどうすればいいですか?

15.児童買春で捕まったらどうすればいいですか?

16.公務執行妨害で捕まったらどうすればいいですか?

17.暴行で捕まったらどうすればいいですか?

18.詐欺で捕まったらどうすればいいですか?

19.インターネット犯罪で捕まったらどうすればいいですか?

20.少年犯罪で捕まったらどうすればいいですか?

21.企業犯罪で捕まったらどうすればいいですか?

22.ストーカー・DVで捕まったらどうすればいいですか?

23.弁護士を雇う必要があるかの判断は?

24.弁護士に依頼するまでの流れ

25.弁護士費用はどれくらいかかりますか?

26.裁判費用はどれくらいかかりますか?

27.警察や検察から呼び出しをうけたらどうすればいいですか?

28.警察や検察から家宅捜索をうけたらどうすればいいですか?

29.事件発生から逮捕までの流れを教えて下さい

30.逮捕から裁判までの流れを教えて下さい

31.刑事裁判の流れを教えて下さい

32.裁判後の流れを教えて下さい

33.東京での弁護士の選び方

34.無料法律相談とはどのようなものですか?

35.日弁連とは何ですか?

36.東京弁護士会とは何ですか?

37.顧問弁護士とは何ですか?

38.当番弁護士とは何ですか?

39.どうやって弁護士を選べばいいですか?

40.弁護士法とは何ですか?

41.東京の弁護士の特徴

42.検事出身の弁護士の特徴

43.弁護士の守秘義務とは?

44.代理人とは何ですか?

45.職場に知られないようにするには?

46.犯罪被害にあったらどうすればいいですか?

47.セカンドオピニオンとは何ですか?

48.弁護士になる方法

49.弁護士として働くには?

50.刑事事件に強い弁護士の特徴

51.you tube って犯罪ですか?

52.海外で逮捕されてしまった場合はどうすればいいですか?

53.訴訟をおこしたい場合はどうすればいいですか?

54.脱税でつかまってしまった場合はどうすればいいですか?

55.公務執行妨害とは何ですか?

56.控訴期間とはなんですか?

57.逮捕者との面会はどうすればいいですか?

58.示談のメリットはなんですか?

59.刑法とはなんですか?

60.裁判員制度とはなんですか?

61.控訴と上告ってなんですか?

62.時効とはなんですか?

63.身に覚えがない犯罪で捕まってしまった場合はどうすればいいですか?

64.私選弁護士と国選弁護士の違いはなんですか?

65.粉飾は刑事事件ですか?

66.大阪の弁護士の特徴

67.弁護士に向いている人とは?

68.損害賠償とはなんですか?

69.海外の弁護士と日本の弁護士

70.息子、娘が逮捕されてしまった場合はどうすればいいですか?

71.弁護士を雇わないで裁判をできますか?

72.現実の弁護士とドラマの弁護士の違い

73.書類送検とはなんですか?

74.人を轢いてしまった場合はどうすればいいですか?

75.詐欺罪とはなんですか?

76.黙秘権とはなんですか?

77.訴えた後の報復が怖いのですがどうすればいいですか?

78.在日米軍の刑事事件にかかわる場合

79.刑事事件の傍聴について

80.最近増えている刑事事件はなんですか?

81.弁護士の一日の生活

82.弁護士の得意分野を見分ける方法

83.被害届の出し方

84.職務質問と任意同行

85.刑事事件の証人として呼ばれた場合はどうすればいいですか?

86.拘留とはなんですか?

87.名誉毀損罪とはなんですか?

88.個人情報保護法とはなんですか?

89.知的財産権と刑事罰

90.少年法とはなんですか?

刑事弁護士を選ぶ5つのポイント
ヴィクトワール法律事務所が選ばれる理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved