ホーム >  刑事事件について >  刑事事件の種類

刑事事件の種類

(1)刑法犯と特別法犯

 

刑事事件を大きく分けると刑法に規定された罪を犯した者に関して、
その事件の内容(構成要件)にしたがって処罰することになる刑法犯とこれ以外の法律で設けられている
処罰規定の内容にしたがって処罰することになる特別法犯があります。

特別法犯は、常習的に窃盗を繰り返したり、暴力を繰り返した者を処罰する刑法犯によく似たものから、会社法など本来民事関係の法律に定められて規定に違反した者を処罰するものなど広い範囲で法律や条令に規定されています

そして、この特別法犯はその処罰規定が設けられている法律や条例が年々増加しており、単に刑法に規定されている犯罪を行っていないからと言って安心しているわけにはいかないのです。

日頃から種々の法律や条例に処罰規定が存在するのか否か、そして、ご自分に当てはめた場合、どのような点を注意すべきか、ときには弁護士に相談されることをお勧めします

最近では、企業の従業員による内部告発が増加しており、信頼する部下達と話しているのだから、このようなことは外に漏れることはないと考えて法に触れる行為を行ったりすると、監督官庁や捜査機関にその内容が知らされ、ときには録音された状態で、テレビ等マスコミにも流されて報道され、大きな不祥事となるばかりか、関係者が逮捕され起訴される場合が頻繁に報じられていることも事実です。

このような不祥事が報道されると、銀行等金融機関や取引先からの信用を失い、従業員が離反するなど極めて大きなリスクを抱えることになり、ときには倒産に至ることもご存知のとおりです。

このような不祥事を起こさないためにも、刑事リスクに詳しい弁護士から問題点を事前に確認されるとよいと思います。

 

 

(2)刑法犯の種類

 

個々の刑事事件について詳しいことは、別のところで述べる予定ですが、刑法犯を大きく分けると

①人の生命、身体、自由、名誉等に関する罪(下記警察庁統計①②+わいせつ、逮捕監禁、住居侵入)
②財産に関する罪(同③④+占有離脱物横領、器物損壊を含み、偽造、汚職、あっせん利得を除く)
③公共の秩序や安全、国家の存立や作用に関する罪(偽造、汚職、あっせん利得、公務執行妨害等)

に分けることができるでしょう。

警察庁の統計では、以下のとおり、刑法犯を「凶悪犯」、「粗暴犯」、「窃盗犯」、「知能犯」、「風俗犯」、「その他の刑法犯」の6種に分類しています。

1.凶悪犯………………殺人、強盗、放火、強制性交等(強姦)
2.粗暴犯………………暴行、傷害、脅迫、恐喝、凶器準備集合
3.窃盗犯………………窃盗
4.知能犯………………詐欺、横領(占有離脱物横領を除く。)、偽造、汚職、背任、「公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律」に規定する罪
5.風俗犯………………賭博、わいせつ
6.その他の刑法犯……公務執行妨害、住居侵入、逮捕監禁、器物損壊、占有離脱物横領等上記に掲げるもの以外の刑法犯

 

 

(3)特別法犯

 

特別法犯は、多種多様であり、なかなかまとめることが困難ですが、分類すると15種類くらいに分けられます。

しかし、警視庁平成20年度の検挙件数を比較してみますと、刑法犯が6万7496件であるのに、特別法犯は2万3573件と刑法犯の3分の1程度です。

しかも、刑事事件として検挙されるのは刑法犯に類似する特別法犯以外では、道路交通法違反、銃刀法違反、出管法違反、迷惑条例防止法違反や覚せい剤や麻薬等の薬物事犯がほとんどですが、
詳細は省略します。

 

 

刑事事件についての詳細はこちら

2-10001.png 2-20016.png

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved