ホーム >  刑事弁護士を選ぶ5つのポイント >  職人芸といわれる捜査へのこだわり

職人芸といわれる捜査へのこだわり

当事務所の大きな特徴のひとつは「捜査」があります。
刑事事件においては、この「捜査のやり方」がとても重要です。

捜査官と対立するのではなく、認めるべきものは認め、反論すべきものは反論し、
捜査官が証拠判断を誤ったり、被疑者に有利な証拠を見失っていると思われる場合には、
捜査段階から指摘させていただき捜査官の判断や処理に誤りがないよう努力しています。

さらに、被疑者とされた方やその周囲の方々からも事実関係を調査し、ときには有利な証拠を探し出し、或いは陳述書を作成して、時間を掛けて証拠を収集・整理し、また、事案に適切な判例等も調査し、起訴前に被疑者に有利な証拠や判例を検察官に提出する場合もあります。

検事としての経験、弁護士としての経験を活かして、最良の結果へと皆様を導きます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved