ホーム >  弁護士紹介

弁護士紹介

代表パートナー弁護士

氏 名 加藤 隆太郎 (かとう りゅうたろう)  img_kato.png
学 歴 筑波大学附属駒場高校卒、
東京大学法学部卒、
東京大学法科大学院修了
資格
試験等
司法試験合格
漢字検定準1級
所属
弁護士会
第一東京弁護士会
所属
委員会
刑事弁護委員会(裁判員裁判部会)
金融商品取引法委員会

 

職 歴 等

・ 学習塾勤務

弁護士登録後の主な取扱事件

・各種刑事事件(窃盗,詐欺,暴行,傷害,脅迫,児童ポルノ法違反,都迷惑防止条例違反,強制わいせつ,DV法違反,自動車運転過失致死,覚せい剤取締法違反等の事件において不起訴・執行猶予・勾留執行停止・勾留阻止等の獲得多数)
・各種少年事件(強制わいせつ,詐欺(振り込め詐欺の受け子),傷害,有印公文書偽造保護事件等)
・刑事告訴(告訴受理多数)
・投資詐欺返還請求(回収成功多数)
・IT関連(発信者情報開示請求等)
・一般民事事件(交通事故,貸金請求,不動産立退き,慰謝料請求,隣地トラブル等)
・家事事件(相続,離婚)
・銀行口座凍結の解除
等多数の案件を扱う

趣味

・ジョギング,散歩
・スポーツ観戦(特に,野球・サッカー)
・読書(ビジネス書,古典,流行作品等何でも)
・国内温泉旅行(特に,関東,甲信越,東北の濁り湯温泉)
・食べること

弁護士業への思い

幸いにも多くの依頼者の方にご依頼いただき、多くの感謝の言葉をいただくことができました。私達弁護士にとって、依頼者の方からいただいた感謝の言葉こそが最大の報酬です。その最大の報酬を得るため、そして依頼者の方の新しい人生の出発をお手伝いするため、私が今まで培った知識・経験をもって、あくなき挑戦をして参ります。宜しくお願いいたします。

 

【特別顧問】プロフィール

氏 名 石井 政治(いしい まさじ)  石井 政治(いしい まさじ)
学 歴 福岡県立修猷館高等学校卒
九州大学法学部卒
資格
試験等
司法試験合格
所属
弁護士会
東京弁護士会
所属
委員会
被害者支援委員会

 

経歴

東京地検検事任官後、福井、那覇、横浜地検等に勤務。福岡地検公判部長、東京地検公安部副部長、札幌地検次席検事、東京高検検事、東京地検公安部長、さいたま地検次席検事を経て、長崎地検検事正、東京法務局長、仙台地検検事正を歴任。検事退官後は公証人(神田公証役場)就任。任期満了退官後、弁護士登録し、現在に至る。

検事時代に扱った事件等

福井市議会議長にかかる脱税、同市助役にかかる公文書偽造行使・脱税ほう助事件、那覇市助役にかかる受託収賄事件、日電東芝、富士通にかかる贈収賄事件、東京地検における多種多様な詐欺、横領等告訴事件、オウム真理教事件、本庄保険金殺人事件等東京、横浜、さいたま地検における数多くの死刑・無期事件を担当。また、決裁官として重要事件の指揮、指導に当たる。

弁護士業への思いなど

私は、千代田区平河町において個人法律事務所を立ち上げ、弁護士業務に従事してまいりましたが、このたび、これを発展的に解消し、縁あってヴィクトワール法律事務所に移籍いたしました。今後は、同事務所が蓄積した実績とノウハウを基盤としつつ、自身の知識経験を生かして、皆様のニーズに的確にお応えしてまいります。これまで懇切丁寧を旨とし、定型的な事件処理に堕さず、事件の個別性を見極め実例に即した、きめ細やかな解決策を提供することをモットーとして掲げてきましたが、このこだわりを持ち続け、誠実な業務遂行を心掛けてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

パートナー弁護士

氏 名 徳永 祐一 (とくなが ゆういち) tokunaga
学歴 私立青雲高等学校(長崎県)卒、
東京大学工学部都市工学科卒、
法政大学大学院法務研究科法務専攻(法科大学院)修了
資格
試験等
司法試験合格
所属
弁護士会
第一東京弁護士会
所属委員会等 民事介入暴力対策委員会
日本プロ野球選手会公認選手代理人

 

弁護士登録後の主な取扱事件

・各種刑事弁護(暴行,傷害,逮捕監禁,窃盗,強盗,恐喝,詐欺,電子計算機使用詐欺,遺失物横領,業務上横領,自動車運転処罰法違反,迷惑行為防止条例違反(痴漢,盗撮),青少年健全育成条例違反(淫行)等の事件において示談成立・不起訴・執行猶予・勾留阻止・準抗告認容等の獲得多数)
・各種刑事告訴(傷害,詐欺,業務上横領,名誉毀損等)
・企業顧問(契約書,代金支払請求,クレーム対応等)
・民事事件(契約履行請求,損害賠償請求,投資金返還請求,国家賠償請求等)
・家事事件(離婚,婚姻費用・養育費)
等多数の案件を扱う。

 

弁護士業への思い

弁護士業は,色々なバックグラウンドの人々が色々な能力を活かして活躍できる,懐の深い職業だと考えています。私自身も,長い学生生活で得た知識・経験を活かして,人に誠実に対応することと,事件に正確に対処することを心掛けて,日々努力してまいります。

 

プロフィール

氏 名 赤羽 勝矢 (あかはね かつや) akahane
学歴 長野県立諏訪清陵高校卒、
中央大学法学部法律学科卒、
上智大学法科大学院修了
資格
試験等
予備試験合格、
司法試験合格
所属
弁護士会
第一東京弁護士会
所属委員会等 成年後見委員会

 

職 歴 等

・バーテンダー

弁護士登録後の主な取扱事件

・各種刑事事件(詐欺,窃盗,暴行,傷害,過失運転致傷,道路交通法違反,強姦,強制わいせつ,名誉毀損,偽計業務妨害,覚せい剤取締法違反,ストーカー規制法違反,風適法違反,軽犯罪法違反,東京都青少年健全育成条例違反,迷惑防止条例違反等)
・刑事告訴
・各種民事事件(離婚,相続,不動産関係,医療過誤(患者側),交通事故,労働問題(使用者側・労働者側)等)
・企業法務,各種契約書作成等
・企業顧問
等多数の案件を扱う

弁護士業への思い

弁護士の仕事とは、最終的には人と人との全人格的なぶつかり合いであると思っております。勉強はもちろんのこと、人格を磨くことを常に心がけ、多くの人から信頼されるような弁護士でありたいです。

 

プロフィール

氏 名 大木 怜於奈 (おおき れおな)
学歴 私立芝高等学校卒業、
早稲田大学国際教養学部卒業、
中央大学法科大学院修了
資格
試験等
司法試験合格
所属
弁護士会
東京弁護士会

 

職 歴 等

サービサー会社勤務、イベント会社勤務

弁護士登録後の主な取扱事件

・民事事件(契約履行請求,各種損害賠償請求など)

・労働事件(使用者側・労働者側)

・交通事故(人損・物損)

・債権回収(契約履行請求,投資金返還請求,民事保全・執行手続など)

・企業法務,各種契約書作成等

・企業顧問

・不動産(売買,賃貸,隣地関係など)

・相続

・刑事事件(詐欺,業務上横領,業務妨害,傷害,窃盗,強盗,関税法違反,覚せい剤取締法違反など)

・刑事告訴(詐欺など)

趣味

水泳、料理(特にカレーの調理に凝っています)、サッカー観戦、ゲーム、都内散策、食べ歩き等

弁護士業への思い

私は、弁護士になるまでの職務経験において、取引や仕事をうまく進めるためには、人と向き合うこと、特にお客様のお話を丁寧かつ正確にうかがい、ニーズを把握することの重要性を感じました。弁護士の仕事も、人と正面から向き合う仕事であるため、同様にお客様と向き合い、お客様のお話を丁寧かつ正確にうかがうことは不可欠であると思います。弁護士になるまでの仕事での経験も活かし、弁護士として、お客様の真の事案解決を図れるように努めます。そのために、法律の専門知識の研鑽と、人としての成長を続けて、弁護士の職責を果たし、初志貫徹いたします。

 

事務所概要

当事務所は、刑事事件に強い法律事務所事務所として、年間300件のお問合せを受けています。
刑事事件は、弁護士の力量によって判決が大きく変わることもあります。
最近では、「刑事事件専門」とうたったホームページが増えてきましたが、実際に刑事事件を専門的に高いレベルで取り扱う弁護士はごく少数です。
当事務所では専門性の高さから、依頼者の方から
「このままでは実刑になりそうだが、何とか執行猶予を勝ち取って貰いたい。」
「大企業の幹部として今後も勤務したいので、何とか起訴されないように弁護活動をして貰いたい。」
「別の事務所にも相談にいったが難しいと断られてしまった。本当にそうなのか詳しい弁護士に聞きたい」
などと依頼され、弁護人として選任された事件がかなりありました。
当事務所では、他の弁護士が受任しないような難解な事件にも対応しています。
別の事務所に相談・依頼したけれど、『不満だ』『納得できない』という方が、セカンド・オピニオンを伺いたいということでも結構です。
「もう無理だ」とあきらめる前に是非一度当事務所にご相談ください。
当事務所の大きな特徴のひとつは「捜査」があります。
刑事事件においては、この「捜査のやり方」がとても重要です。
捜査官と対立するのではなく、認めるべきものは認め、反論すべきものは反論し、
捜査官が証拠判断を誤ったり、被疑者に有利な証拠を見失っていると思われる場合には、
捜査段階から指摘させていただき捜査官の判断や処理に誤りがないよう努力しています。
さらに、被疑者とされた方やその周囲の方々からも事実関係を調査し、ときには有利な証拠を探し出し、或いは陳述書を作成して、時間を掛けて証拠を収集・整理し、また、事案に適切な判例等も調査し、起訴前に被疑者に有利な証拠や判例を検察官に提出する場合もあります。
検事としての経験、弁護士としての経験を活かして、最良の結果へと皆様を導きます。

当事務所は、刑事事件に強い法律事務所事務所として、年間約300件のお問合せをいただいております。

刑事事件は、弁護士の力量によって判決が大きく変わることもあり、最近では、「刑事事件専門」とうたったホームページが増えてきましたが、実際に刑事事件を専門的に高いレベルで取り扱う弁護士はごく少数です。

 

当事務所では刑事分野における専門性の高さを評価され、依頼者の方から

「このままでは実刑になりそうだが、何とか執行猶予を勝ち取って貰いたい」

「大企業の幹部として今後も勤務したいので、何とか起訴されないように弁護活動をして貰いたい」

「別の事務所にも相談にいったが難しいと断られてしまった。本当にそうなのか詳しい弁護士に聞きたい」

などと依頼され、弁護人として選任された事件がかなりありました。

 

また、刑事事件において他の弁護士が受任しないような難解な事件にも対応しています。

 

事務所名 ヴィクトワール法律事務所
所長 加藤 隆太郎 (かとう りゅうたろう)
住所 東京都中央区日本橋室町4丁目1番21号
近三ビルヂング2階D室

bana040001.png
電話 03-5299-5881(代)
FAX 03-5299-5880

 

shasin01.PNG

 

8-10003.png 8-20005.png
刑事弁護士を選ぶ5つのポイント
ヴィクトワール法律事務所が選ばれる理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved