ホーム >  痴漢(ちかん)事件について >  1.痴漢事件とは

1.痴漢事件とは

代表的な痴漢事件としては、電車内での痴漢があります。多くの場合、痴漢をされた人(被害者)や周囲の乗客が、ある人が痴漢をしていると指摘して発覚します。

そして、痴漢の疑いをかけられた人は、駅員控え室などに連れて行かれ、そこで話を聞かれ、事実関係が確認されます。駅員控え室などに連れて行かれると、多くの場合で駅側担当者が最寄り警察署等の警察官に通報し、駆けつけてきた警察官に犯人として引き渡されます。引き渡された人は、そのまま痴漢事件の被疑者とされて逮捕・勾留に進んでしまうケースも多いです。
痴漢事件は、被害者にとっては避けることができず、突然に被害に遭ってしまうということから、悪質な犯罪ということができます。

しかし、特に満員電車内での痴漢事件は、十分に見渡すことができない場所で行われるため、真犯人が誰であるのかの特定が難しい場合があります。被害者が背後から痴漢され直接犯人の手をつかむなどできないときは、犯人を確認するには一度振り向かなければならないので、素早く犯人を見つけることができません。

場合によっては、被害者が犯人を見誤ってしまい、実際に痴漢をしていない人が疑われてしまうこともあります。

実際には痴漢をしていないのに被疑者とされた人は、「自分は痴漢をしてない。」と主張する場合がほとんどでしょう。しかし、表向きには痴漢行為をしたことを認めてしまう場合が見受けられます。

実際にしていないのに、なぜ認めてしまうのか疑問に思われるかもしれません。しかし、多くの人々にとって、警察署などの取調室内において、警察官から一方的に取調べを受ける場合、痴漢行為をしていないと主張し続けることは簡単ではありません。

特に警察官が、被害者の言い分などから痴漢行為の存在を確信している場合などでは、いくら身の潔白を主張し続けても、なかなか話を聞いてもらえず、なかば諦める形や、後から本当のことを言えば良いなどと考えてしまうことは珍しくありません。

現実問題として、多数の乗客等公衆がいる前で敢えて声を上げた被害者の訴えは信用されやすく、被害者の言い分に明確な矛盾や不合理がないかぎり、被疑者とされた人の言い分はなかなか信用してもらえません。また、痴漢行為をしていないと言い続けることが、かえって自己の犯行を隠そうとしている、責任を免れようとし、反省していないなどと判断されて、釈放される時期も後れてしまいます。

 

 

 

痴漢(ちかん)事件の詳細はこちら

1.png

2.png

3.png
4.png
5.png

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved