ホーム >  その他のよくある質問 >  保釈・釈放とは何ですか?

保釈・釈放とは何ですか?

保釈について

保釈とは、勾留されている被告人を、暫定的に釈放する手続きです。
保釈は、起訴された後にしかできず、また、保証金を納付する必要があります。
保釈されても、勾留決定そのものが無くなるわけではありません。そのため、保釈が取り消されると、再度身体が拘束されることになります。

 

保釈の趣旨

刑事事件には無罪推定の原則というものがあります。刑罰は有罪判決があって初めて行われるものであって、それ以前に刑罰を課すことはできません。
逮捕や勾留は、刑罰ではなく、罪証隠滅のおそれや逃亡のおそれなどが認められる場合に、刑事手続のために行われる被疑者及び被告人に対する制約になります。

刑事手続のために必要とはいえ、逮捕や勾留されてしまえば行動の自由を奪われますので、帰宅することも仕事に行くこともできなくなります。被疑者や被告人とって、この制約の影響は非常に大きいです。
逮捕や勾留されたために職場を辞めざるを得なくなったという事例は珍しくありません。
そのために、逮捕や勾留の要件は認められているけれども、被告人を一旦釈放するための制度として、保釈があるのです。

 

保釈の要件

保釈は起訴された被告人に対して認められる制度ですが、どのような場合でも認められるというわけではありません。

保釈が認められる場合として、刑事訴訟法では、大きく分けて、権利保釈と裁量保釈という類型にわけられています。
権利保釈については、原則として認められると定められており、認められない場合が列挙されています。権利保釈が認められない場合に、裁量保釈を検討することになります。

特に裁量保釈においては、その言葉のとおり裁判所の裁量に委ねられています。考慮される要素に限定はありませんが、犯罪の性質や情状、被告人の経歴、行状、性質、前科、健康状態、家族関係、訴訟の進行状況等に加え、もちろん罪証隠滅のおそれや逃亡のおそれがないことが考慮されるといわれています。

裁判所が保釈を認めた場合、保釈保証金の額も決められます。この保釈保証金は、「犯罪の性質及び情状、証拠の証明力並びに被告人の性格及び資産を考慮して、被告人の出頭を保証するに足りる相当な金額」とされています。

そのため、保釈後、被告人が裁判に出頭しない場合などは、保釈保証金が没取されることがあります。

保釈を求めようとするときには、保釈が認められるように裁判所を説得し、さらに、保釈保証金についても、被告人や被告人の家族が用意できる金額にするよう裁判所と調整をすることになります。

 

権利保釈

権利保釈は、当然の権利として認められています。しかし、次の場合には認められていません。
・被告人が死刑又は無期若しくは短期一年以上の懲役若しくは禁錮に当たる罪を犯したものであるとき。
・被告人が前に死刑又は無期若しくは長期十年を超える懲役若しくは禁錮に当たる罪につき有罪の宣告を受けたことがあるとき。
・被告人が常習として長期三年以上の懲役又は禁錮に当たる罪を犯したものであるとき。
・被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。
・被告人が、被害者その他事件の審判に必要な知識を有すると認められる者若しくはその親族の身体若しくは財産に害を加え又はこれらの者を畏怖させる行為をすると疑うに足りる相当な理由があるとき。
・被告人の氏名又は住居が分からないとき。

 

裁量保釈

権利保釈で述べた条件のいずれかに該当する場合においても、弁護士が説明する多角的な事情を考慮して、裁判所が保釈が相当であることを判断した場合を言います。

 

義務的保釈

捜査上の取り調べ期間中の交流が不当に長くなった場合に、裁判所が保釈を判断することを言います。
しかし、実際に適用される例はほとんどありません。裁判所において保釈が相当であると考える場合には、事実上、弁護人に対して保釈の申請をほのめかすような場合がまれにあります。
保釈申請の回数は何度でもできますが、弁護人としては、裁判所が保釈を認めそうかどうか、裁判所を説得する事情を用意しつつタイミングを図ることもあります。

 

保釈後について

いずれの場合の保釈においても、裁判所からの出頭命令には必ず応じることが条件とされ、保釈中にそれに反して逃亡したり、証拠隠滅を図ったりした場合には保釈は取り消されたうえで保証金の一部または全額は没収されることになります。
また、違反することなく裁判手続きが終了すれば、裁判の結果にかかわらず、保証金は返還されます。

刑事弁護士を選ぶ5つのポイント
ヴィクトワール法律事務所が選ばれる理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved