少しでも早い身体拘束からの解放や示談・不起訴処分・執行猶予判決をめざすには、刑事事件に強い私選弁護士に、1日でも早く相談することがとても重要です。 少しでも早い身体拘束からの解放や示談・不起訴処分・執行猶予判決をめざすには、刑事事件に強い私選弁護士に、1日でも早く相談することがとても重要です。

東京で刑事事件に強い弁護士をお探しの方はこちら

1.身柄解放は、逮捕された直後が勝負

逮捕から3日以内に勾留されるかが決まります。
一旦、勾留が決まると最大23日間身柄が拘束されることとなり、
仕事や学業等日常生活に支障が出ることは必至です。
逮捕直後にご依頼いただくことで、迅速に検察官や裁判所と交渉した結果、
勾留を回避し身柄が解放される可能性が高まります。

2.早期の刑事手続きからの解放を目指します。

自らが刑事事件の被疑者であることのストレスは相当なものです。
また、一旦、起訴をされてしまうと有罪となる可能性が飛躍的に高まります。
少しでも早く刑事手続から解放されるためには、
できるだけ早く有利な資料を集め捜査段階で検察官と交渉し、
不起訴処分又は略式罰金処分を得ることが肝要です。

3.「本物の刑事弁護」を志した弁護士集団

ヴィクトワール法律事務所は前所長である元検察官が設立した事務所で、
現在も元検察官が所属するように「本物の刑事弁護」を志した弁護士集団です。
所内では定期的に刑事弁護の勉強会も行っています。
必然、刑事弁護のノウハウも蓄積しており、
ご依頼いただいた1件1件に培ってきた経験と情熱を注ぎます。

当事務所が選ばれる理由

状況・お悩み別の解説

事件分野ごとの解説

当事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら

刑事事件の流れ

逮捕されたケース
逮捕されないケース

逮捕されたケース

逮捕されたケース

逮捕されないケース

逮捕されないケース

お気軽にお問合せ、ご相談ください。03-5299-5881 お気軽にお問合せ、ご相談ください。03-5299-5881 メールでのご相談はこちら

代表弁護士からご挨拶

代表弁護士 加藤 隆太郎

代表弁護士 加藤 隆太郎

代表弁護士 加藤 隆太郎

ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。当事務所は刑事事件について高い専門性とノウハウを有した法律事務所です。依頼者が望まれる結果を勝ち取れるよう最大限の努力し、ご本人やご家族に代わって捜査機関や裁判所に働きかけ、力いっぱい闘って参ります。
私達は、「日本一、依頼者様にご満足していただける刑事事件を扱う事務所を作りたい。」という理念を共有し、日々研鑽を積む6名の弁護士が集った事務所です。同理念は、当事務所を設立した元検事・弁護士大竹健嗣(故人)から受け継いだものです。幸いなことに、私たちの理念に共感してくださった方々から、年間数百件の刑事事件の問い合わせ、多くのご依頼をいただいております。
過去に多くの刑事事件を扱い、数多くの依頼者が望まれる結果の残してきた6名の弁護士が自由に意見を言い合いながら、お互いの経験、知恵を結集して、依頼者の方に最良の結果をもたらし、ご満足いただけるように最大限の努力をしています。
刑事事件でお悩みの方は、一度当事務所にご相談ください。

新着情報