少しでも早い身体拘束からの解放や示談・不起訴処分・執行猶予判決をめざすには、刑事事件に強い私選弁護士に、1日でも早く相談することがとても重要です。 少しでも早い身体拘束からの解放や示談・不起訴処分・執行猶予判決をめざすには、刑事事件に強い私選弁護士に、1日でも早く相談することがとても重要です。

東京で刑事事件に強い
弁護士をお探しの方はこちら

身柄解放は、逮捕された直後が勝負

逮捕から3日以内に勾留されるかが決まるため、迅速な対応が必要です。
警察や検察に犯罪の疑いをかけられ勾留された場合、
最大23日間身柄が拘束されることとなり、
仕事や学業当日常生活に影響を及ぼします。
逮捕直後にご依頼いただく事で、迅速に検察官や裁判所と交渉した結果、
勾留を回避し身柄が解放される可能性が高まります。

早期の刑事手続きからの解放を目指します。

自らが刑事事件の被疑者であることのストレスは相当なものです。
また、一旦、起訴をされてしまうと有罪となる可能性が飛躍的に高まります。
少しでも早く刑事手続から解放されるためには、
できるだけ早く有利な資料を集め捜査段階で検察官と交渉し、
不起訴処分又は略式罰金処分を得ることが肝要です。

「本物の刑事弁護」を志した弁護士集団

ヴィクトワール法律事務所は前所長である元検察官が設立した事務所で、
現在も元検察官が所属するように「本物の刑事弁護」を志した弁護士集団です。
所内では定期的に刑事弁護の勉強会も行っており、
弁護活動の質の向上に努めております。
必然、刑事弁護のノウハウも蓄積しており、
ご依頼いただいた1件1件に培ってきた経験と情熱を注ぎます。

当事務所が選ばれる理由

状況・お悩み別の解説

事件分野ごとの解説

当事務所の解決事例

解決事例一覧はこちら

刑事事件の流れ

逮捕されたケース
逮捕されないケース

逮捕されたケース

逮捕されたケース

逮捕されないケース

逮捕されないケース

刑事弁護士を選ぶ 5 つのポイント

1 実績に裏打ちされた高い専門性とノウハウを持っている

当事務所は,ありがたいことに年間300件以上のお問合せをいただいており,ご依頼いただいた多くの案件で結果を残してまいりました。その実績,ノウハウの蓄積があります。
刑事事件は、弁護士の力量によって判決が大きく変わることもあります。
最近では、「刑事事件専門」とうたったホームページが増えてきましたが、実際に刑事事件を専門的に高いレベルで取り扱う弁護士はごく少数です。
初めて弁護士に相談や依頼をする際には、「どの弁護士に相談すればいいのかわからない。」「弁護士に相談してもいいのだろうか。」と様々な不安があることと思います。
厳しい目で吟味してください。

難解な事件にも対応できる

当事務所では専門性の高さから、依頼者の方から
「このままでは実刑になりそうだが、何とか執行猶予を勝ち取って貰いたい。」
「大企業の幹部として今後も勤務したいので、何とか起訴されないように弁護活動をして貰いたい。」
「別の事務所にも相談にいったが難しいと断られてしまった。本当にそうなのか詳しい弁護士に聞きたい」
などと依頼され、弁護人として選任された事件がかなりありました。
当事務所では、他の弁護士が受任しないような難解な事件にも対応しています。
別の事務所に相談・依頼したけれど、『不満だ』『納得できない』という方が、セカンド・オピニオンを伺いたいということでも結構です。
「もう無理だ」とあきらめる前に是非一度当事務所にご相談ください。

3 多くの問合せ実績と豊富な解決事例

当事務所には毎年200件以上のご相談がよせられます。
ご相談の内容は様々です。
実績にもとづいた最高のサービスをご提供できると自負しております。
詳しくは解決事例のページをご覧下さい。

4 職人芸といわれる捜査へのこだわり

当事務所の大きな特徴のひとつは「捜査」があります。
刑事事件においては、この「捜査のやり方」がとても重要です。
捜査官と対立するのではなく、認めるべきものは認め、反論すべきものは反論し、
捜査官が証拠判断を誤ったり、被疑者に有利な証拠を見失っていると思われる場合には、
捜査段階から指摘させていただき捜査官の判断や処理に誤りがないよう努力しています。
さらに、被疑者とされた方やその周囲の方々からも事実関係を調査し、ときには有利な証拠を探し出し、或いは陳述書を作成して、時間を掛けて証拠を収集・整理し、また、事案に適切な判例等も調査し、起訴前に被疑者に有利な証拠や判例を検察官に提出する場合もあります。

5 ご本人やご家族とともに力一杯闘う姿勢

ヴィクトワール法律事務所のヴィクトワール(Victoire)とは、フランス語の「勝利」という意味です。
弁護士は、依頼者のために真実と権利を最後まで訴える情熱と勇気、そして経験と知識に裏付けられた智慧をもって、果敢に挑戦し依頼者が望まれる結果を勝ち取れるよう最大限の努力をしなくてはならないと考えて、名付けました。
逮捕勾留といった強制力による拘束を受けたときの精神的、肉体的苦痛の深刻さは、実際に経験された方ではないと理解できないかと思います。しかも、社会や近隣から白眼視され、会社を解雇されるなどの大きな不安や危険もあるのです。
このような事態をできるだけ回避し、ご本人やご家族の方が精神的にも癒され安心してお任せいただけるよう、長年にわたって捜査公判の経験を持つ弁護士が、手続の流れや今後の見込みを分かり易くご説明し、そして、ご本人やご家族に代わって捜査機関や裁判所に働きかけ、力いっぱい闘って参ります。

お気軽にお問合せ、ご相談ください。03-5299-5881 お気軽にお問合せ、ご相談ください。03-5299-5881 メールでのご相談はこちら

代表弁護士からご挨拶

代表弁護士 加藤 隆太郎

ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。当事務所は刑事事件について高い専門性とノウハウを有した法律事務所です。依頼者が望まれる結果を勝ち取れるよう最大限の努力し、ご本人やご家族に代わって捜査機関や裁判所に働きかけ、力いっぱい闘って参ります。
私達は、「日本一、依頼者様にご満足していただける刑事事件を扱う事務所を作りたい。」という理念を共有し、日々研鑽を積む6名の弁護士が集った事務所です。同理念は、当事務所を設立した元検事・弁護士大竹健嗣(故人)から受け継いだものです。幸いなことに、私たちの理念に共感してくださった方々から、年間数百件の刑事事件の問い合わせ、多くのご依頼をいただいております。
過去に多くの刑事事件を扱い、数多くの依頼者が望まれる結果の残してきた6名の弁護士が自由に意見を言い合いながら、お互いの経験、知恵を結集して、依頼者の方に最良の結果をもたらし、ご満足いただけるように最大限の努力をしています。
刑事事件でお悩みの方は、一度当事務所にご相談ください。

代表弁護士 加藤 隆太郎

代表弁護士 加藤 隆太郎

新着情報