ホーム >  その他のよくある質問 >  控訴と上告とはなんですか?

控訴と上告とはなんですか?

 

判決に不満がある場合の不服申し立て

 

控訴と上告とは,いずれも判決に対して不服がある場合にとる手続のことです。控訴とは,第一審の判決に対してするものであって,上告とは控訴審(第二審)に対してするものです。
いずれも,上級の裁判所に対して改めて判断を求めることであり,上訴の一種です。
控訴と上告は,その申し立てる理由は若干異なってきますが,刑事事件でも民事事件でも行われます。

 

刑事事件における控訴の手続き

 
実際に罪を犯していなくても、裁判所に提出された証拠関係や裁判官の判断によっては,有罪の判決が言い渡されてしまうことがあり得ます。
また、実際に罪を犯していたときでも、必要以上に重い刑罰を言い渡されることもあります。
これらの場合には,控訴をして,判決に対する不服を申し立てることになります。

 

刑事事件では、控訴は検察官又は被告人(刑事訴訟法351条),第一審の弁護人(同355条),被告人の法定代理人や保佐人(同353条)などが行うことができます。
控訴をする場合、判決を言い渡された日から14日以内に控訴申立書を提出して控訴の提起をし、控訴裁判所が定めた期限までに控訴趣意書を提出しなければなりません。控訴申立書は,控訴をすることのみ記載すれば足りますが,控訴趣意書には,控訴裁判所に判断を求める内容を全て記載する必要があります。
控訴趣意書の記載内容は,刑事訴訟法が定める控訴の理由を記載します。
刑の量刑が不当であること、判決に影響を及ぼすような重大な事実誤認があること、法令の適用の誤りや違反があることを理由として控訴をする場合が多いです。

 

 

上告の棄却と棄却されなかった場合の流れ

 
控訴の結果に不満がある場合、まだ上告という手段が残されています。しかしながら,その申し立て理由は控訴の申し立て理由よりも限定されています。

 

刑事事件の上告は,憲法の違反があること又は憲法の解釈に誤があること,又は最高裁判所の判例と相反する判断をしたこと(判例がない場合に、大審院若しくは上告裁判所たる高等裁判所の判例又はこの法律施行後の控訴裁判所たる高等裁判所の判例と相反する判断をしたこと。)という理由が必要です。
このように上告理由は極めて限定されているため,上告は棄却されることが多くなっています。

 

ただし,上告裁判所は,「判決に影響を及ぼすべき法令の違反があること。」「刑の量定が甚しく不当であること。」「判決に影響を及ぼすべき重大な事実の誤認があること。」「再審の請求をすることができる場合にあたる事由があること。」「判決があつた後に刑の廃止若しくは変更又は大赦があつたこと。」にも原判決を破棄することができます。これらは,最高裁判所が判断の必要性があるとしたときに判断されることになります。

 

上告が棄却された場合は、原判決が確定します。
他方で、上告を棄却しないときは,最高裁判所は原判決を破棄し、原裁判所へ差し戻して再び審理させます(自ら判決を言渡す場合もあります。)。
差し戻し審での判決に不服がある場合には,再度上訴することができます。
このため、差し戻しが何度も繰り返されることもあります。
上告裁判所が判決を言い渡すか,上訴がされなかったときに,判決が確定し,刑事裁判が終わることになります。
 

刑事弁護士を選ぶ5つのポイント
ヴィクトワール法律事務所が選ばれる理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved