ホーム >  その他のよくある質問 >  人を轢いてしまった場合はどうすればいいですか?

人を轢いてしまった場合はどうすればいいですか?

交通事故を起こしてしまった場合は、まず救護の措置をとる

運転免許を持っている人には、交通事故は避けて通ることができない問題です。万が一交通事故を起こしてしまった場合、刑事事件になってしまうと慌ててしまい、冷静な対応ができないことは珍しくありません。

 

交通事故を起こしてしまったり、起こされてしまったりした場合には、まずは車を止めて、怪我人がいるかを確認します。そして、怪我をした人がいる場合には、その人に対して救護の措置をとらなければなりません。怪我の程度が重ければ、直ちに救急車を呼びます。救護をし続ける必要があるときには、周囲にいる特定の人に救急車を呼ぶよう依頼します。

 

救護の措置をとらないと、それ自体が道路交通法違反となり、刑罰の対象となります。いわゆるひき逃げ事件となり、刑罰が一気に重くなります。

 

交通事故を起こした場合は、危険防止の措置をする

交通事故が起きた現場は、通常の状態ではなく、別の事故を生じてしまう恐れがあります。停止した車が通行の妨げにならないようにする必要がありますし、破片が道路上に飛び散っていることもあります。

 

他の車から、早く道を開けるように言われるかもしれませんが、慌てて交通事故を誘発しては意味がありませんので、落ち着いて対応する必要があります。交通整理をするためにも、早急に110番をすることが重要です。

 

危険防止の措置をせず、危険な状態を漠然と放置するときには、やはりこれも刑罰の対象になってしまいます。

 

交通事故を起こした場合は、警察へ届出をする

交通事故を起こしてしまった場合は、怪我人の救護をするとともに警察への事故の届出をしなければなりません。

 

ありがちなケースとしては、交通事故の現場でお互いに話をしたものの、被害者側が、「大丈夫だから。とくに怪我もしてませんし。」などと対応をした結果、加害者が警察への届出をしなかったというものです。

 

しかし、道路交通法は、警察への届出を義務付けており、それに違反した場合は、刑罰の対象となります。これは、当事者全員が交通事故を問題視していなくとも免れることはできません。

 

携帯電話を持っている場合には、その場で110番をすれば、その後は具体的な指示を受けられます。当事者に怪我がないように見えても、症状が後から出てくることも珍しくありません。交通事故に遭った当事者ではなく、第三者である警察官に現場に来てもらうことは、交通事故に冷静に対応するためにも大切です。

 

一人で対応しない

交通事故を起こしてしまったときは、早急に救護の措置をとることが大切ですが、まずは119番や110番に連絡をし、指示を仰ぐことが大切です。

 

契約している保険会社に連絡することも大切です。保険会社の担当者も交通事故対応のプロですから、救護義務、危険防止義務や警察への届出義務の確認もされることになります。

 

当事者で対応しようとせず、落ち着いてまずは各連絡をすることが大切です。

 

刑事弁護士を選ぶ5つのポイント
ヴィクトワール法律事務所が選ばれる理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved