• TOP
  • 解決例一覧へ
  • 弁護士の対応により迷惑防止条例違反が不送致処分になった刑事事件の事例

迷惑防止条例違反の事案

迷惑防止条例違反が不送致処分になりました。(東京都Eさん)

公共の乗り物内において女性の臀部等(着衣)を写真撮影したことで、
その女性に見つかり、警察に訴えられて調べを受け、ご本人から当事務所に
依頼がありました。

ご本人から事情を聞いたところ、条例の適用などに問題があり、
担当警察署に連絡しました。
警察は検察庁に相談した上、検察庁に送致しない(罰金はもちろん不起訴処分にも
なりません。)ということで解決しましたので、ご本人に喜ばれました

 

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved