ホーム >  逮捕されたら >  示談したい・被害者に謝りたい

示談したい・被害者に謝りたい

示談とは?

示談とは、裁判手続きによらず、当事者(刑事事件では被疑者と被害者)間で話し合い、損害賠償責任の有無や金額、支払い方法等を合意し、民事上の解決とすることをいいます。

示談は,あくまで民事上の解決にすぎませんが,刑事事件においても示談交渉を成立させることは非常に大切です。
特に,窃盗,詐欺,横領等事件は,財産犯といわれており,弁償により財産的な被害が回復している,或いは,被害者が犯人を許し告訴や被害届を取り下げている場合,検察官は,これらを理由に起訴猶予処分にする場合が多くあります。

なぜなら、当事者間で民事では解決済みの場合、あえて起訴する必要がない(刑罰を科す必要がない)と検察官が判断することがよくあるからです。また、実際に刑罰を科されることがやむをえない場合においても、判決がより軽いもの(例えば,本来実刑であるところ,執行猶予が付される等)になる可能性が高まります。

 

示談を目指す際に重要なのはタイミングです。特に、一度起訴されてしまうと改めて不起訴処分を申し出ることはできない(起訴後は告訴の取下げもできません。)ので、なるべく早くアクションを起こし、不起訴処分獲得へ向けたアプローチとしての示談交渉を目指すことが重要といえるでしょう。

 

示談へ向けた弁護活動

一般に、刑事事件が起こった場合に被害者と加害者が直接連絡を取り合うことは多くありません(特に,性的犯罪の場合は,被害者が犯人はもちろんその家族さえも会いたくないと面会を拒否する場合が,ほとんどです)。なぜなら、加害者との距離感が近くなることにより被害者側が不安感を抱くなどのストレスを抱えやすくなるからです。

弁護士が間に入り実際の示談交渉を進めるケースが多くあるのはそのためです。資格があって社会的にも評価されている弁護士であれば両者とも安心して連絡先を預けられますし、感情的にならずに交渉をすすめることも可能です。また、被害者に謝罪の気持ちを伝える際にも、第三者的な立場より丁寧かつ真摯に語りかけることでメッセージに客観性を持たせることが可能です。

 

示談をお考えの場合には、弁護士を利用されることを強くお勧めいたします。

 

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved