ホーム >  刑事弁護士を選ぶ5つのポイント

刑事弁護士を選ぶ5つのポイント

よい刑事弁護士を選ぶためには、まず、よい弁護士とはどのような弁護士を言うのか考えてみる必要があると思います。

一般の皆さんは、以前から懇意の弁護士がいるとか、顧問弁護士がいるという方は少ないと思います。

そのため、弁護士を紹介してくれそうな知り合いの方と相談する場合が多いかと思いますが、それでも気に入った弁護士が見つからない場合もかなりあるかと思います。

そういうとき各地の弁護士会に紹介して貰うことも一方法かと思います。

大切なことは、最初出会った弁護士にいきなり事件の解決を委任するのではなく、まずは、弁護士と会って法律相談をすることをお勧めします

法律相談をするには、相談料として通常1時間1万円と消費税がかかることが多いと思いますが、着手金や報酬金の額から比べれば、ずっと安いはずです。

何よりもその弁護士の人柄や意欲、判断能力、さらには今後も当事者ご本人や依頼者の立場に立って、ときには精神的な面でも支えてくれるかなどを推し量る手立てともなります。
また、ご本人や依頼者の方の悩みやお話を親切に聞いて貰えるかどうかも大切ではないでしょうか。
特に刑事事件では、被疑者或いは被告人とされご本人やご家族にしてみれば、悩みやお話しを聞いて貰って暗く重苦しい気持ちを和らげたいと思われるでしょう。

実際に弁護士に話を聞いて貰って気持ちがすっきりしたと述べられる方も多いです。

弁護士との委任契約をするまでに、お話しを聞いて貰える弁護士かどうかまで見極めことはなかなか難しいかと思いますが、できるだけ心懸けられたらよいと思います。

また、弁護士は他の事件も抱えて時間がない場合が多いので、事件に関連することはできるだけ整理し、簡単で分かりやすいメモを用意するなどして、お話しを聞いて貰うようにしましょう。
なお、経験が多い弁護士の方が少ない弁護士よりましかも知れませんが、それより大切なことはやはりご本人や依頼者の方のために事件の真相や背景を明らかにし、相手方との交渉や裁判所などに説得力のある主張をすることができるかどうか、そのために熱意をもって努力をしてくれる弁護士か、どうかだと思います。

そして、あとになって後悔しないようにするために法律相談をされた上で、弁護を依頼するかどうか決められることがよいと思います。

これらを踏まえてよい刑事弁護士の選び方についてお話ししたいと思います。

 

よい刑事弁護士の選び方の詳細はこちら

1 実績に裏打ちされた高い専門性とノウハウを持っている

当事務所は,ありがたいことに年間300件以上のお問合せをいただいており,ご依頼いただいた多くの案件で結果を残してまいりました。その実績,ノウハウの蓄積があります。

刑事事件は、弁護士の力量によって判決が大きく変わることもあります。
最近では、「刑事事件専門」とうたったホームページが増えてきましたが、実際に刑事事件を専門的に高いレベルで取り扱う弁護士はごく少数です。

初めて弁護士に相談や依頼をする際には、「どの弁護士に相談すればいいのかわからない。」「弁護士に相談してもいいのだろうか。」と様々な不安があることと思います。
厳しい目で吟味してください。
 

難解な事件にも対応できる

当事務所では専門性の高さから、依頼者の方から
「このままでは実刑になりそうだが、何とか執行猶予を勝ち取って貰いたい。」
「大企業の幹部として今後も勤務したいので、何とか起訴されないように弁護活動をして貰いたい。」
「別の事務所にも相談にいったが難しいと断られてしまった。本当にそうなのか詳しい弁護士に聞きたい」

などと依頼され、弁護人として選任された事件がかなりありました。

当事務所では、他の弁護士が受任しないような難解な事件にも対応しています。
別の事務所に相談・依頼したけれど、『不満だ』『納得できない』という方が、セカンド・オピニオンを伺いたいということでも結構です。

「もう無理だ」とあきらめる前に是非一度当事務所にご相談ください。
 

3 多くの問合せ実績と豊富な解決事例

当事務所には毎年200件以上のご相談がよせられます。
ご相談の内容は様々です。

実績にもとづいた最高のサービスをご提供できると自負しております。
詳しくは解決事例のページをご覧下さい。
 

4 職人芸といわれる捜査へのこだわり

当事務所の大きな特徴のひとつは「捜査」があります。
刑事事件においては、この「捜査のやり方」がとても重要です。

捜査官と対立するのではなく、認めるべきものは認め、反論すべきものは反論し、
捜査官が証拠判断を誤ったり、被疑者に有利な証拠を見失っていると思われる場合には、
捜査段階から指摘させていただき捜査官の判断や処理に誤りがないよう努力しています。

さらに、被疑者とされた方やその周囲の方々からも事実関係を調査し、ときには有利な証拠を探し出し、或いは陳述書を作成して、時間を掛けて証拠を収集・整理し、また、事案に適切な判例等も調査し、起訴前に被疑者に有利な証拠や判例を検察官に提出する場合もあります。
 

5 ご本人やご家族とともに力一杯闘う姿勢

ヴィクトワール法律事務所のヴィクトワール(Victoire)とは、フランス語の「勝利」という意味です。
弁護士は、依頼者のために真実と権利を最後まで訴える情熱と勇気、そして経験と知識に裏付けられた智慧をもって、果敢に挑戦し依頼者が望まれる結果を勝ち取れるよう最大限の努力をしなくてはならないと考えて、名付けました。
逮捕勾留といった強制力による拘束を受けたときの精神的、肉体的苦痛の深刻さは、実際に経験された方ではないと理解できないかと思います。しかも、社会や近隣から白眼視され、会社を解雇されるなどの大きな不安や危険もあるのです。

このような事態をできるだけ回避し、ご本人やご家族の方が精神的にも癒され安心してお任せいただけるよう、長年にわたって捜査公判の経験を持つ弁護士が、手続の流れや今後の見込みを分かり易くご説明し、そして、ご本人やご家族に代わって捜査機関や裁判所に働きかけ、力いっぱい闘って参ります。
 

>刑事弁護士を選ぶその他のポイントはこちらをクリック

刑事弁護士を選ぶ5つのポイント
ヴィクトワール法律事務所が選ばれる理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved