ホーム >  逮捕されたら >  逮捕、勾留からの脱却方法

逮捕、勾留からの脱却方法

法律上、逮捕に関して不服申立ては認められていないため、
逮捕から脱却するには、嫌疑がないこと、逮捕・勾留の必要性がないことを訴え、
捜査官にその必要性がないことを理解して貰って釈放されるしかありません。

難しいと言われても弁護士が何もしないで見ているということはありません。

また勾留されたからといって、何も抵抗せずに受け入れることはありません。

zu040001.png

 

 

裁判官に対して勾留の取消請求、執行停止の申立てをすることができ、その勾留が本当に適切であるか
判断できる勾留理由開示請求がありますが、裁判官の判断で勾留した者ですから、
この取消請求や執行停止の申立はなかなか認められません
(ただ、被疑者の勾留に耐えられない重大な病気等が認められる場合は、
この請求を認めて貰うことができます)。

また、勾留理由開示請求は、勾留を取り消させるものではないのですが、公開の法廷で裁判官、
被疑者(被告人)、弁護人が出頭して行われます。

検察官の出頭は任意です。

被疑者や弁護人は勾留を決定した裁判所の判断の理由を確認することができます。

なお、被疑者の近親者の不幸や葬儀があるなど、急用の場合に勾留の執行停止を
申し立てすることができます。

 

 

 

逮捕された本人との面談

本人を精神的にサポートしてあげてください。

そのためにも、まず逮捕された本人が留置されている施設へ行き、本人と面談をしましょう。

その際には、逮捕された理由のみならず、逮捕されてから体調に異常はないか、厳しすぎる取調べは
受けていないかなど、本人の安否を気遣うことが大切です。

 

 

捜査官の取調べに対応

ご家族の方は、捜査官から取り調べを受ける可能性が高いです。

この取調べは、その後の刑事手続の流れに影響を与える重要なものもあります。

作成された調書は、検察官が起訴するか・不起訴にするか、裁判官が有罪にするか・無罪にするかの
判断資料となるものもありますから、事実に即して知っていることだけを知っているまま
正確に伝えるようにしましょう。

 

 

弁護士との面談

「接見が禁止されているため逮捕された本人と面会できない」

「この後の刑事手続の流れがよく分からず不安だ」

「捜査官が強引な取調べをしているかもしれない」などの理由でお悩みの方は、
一度、弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

 

逮捕されたらの詳細はこちら

3-10015.png 3-20014.png
3-30013.png 3-40012.png
3-50001.png

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved