ホーム >  逮捕されたら >  弁護士をつけた場合のメリット

弁護士をつけた場合のメリット

被疑者として逮捕・勾留されているような段階では、犯罪が行われたことが明らかであっても、
誰が本当の犯人であるのかは、事件の当事者以外には誰にも分かりません。

それを明らかにするのが捜査です。

しかし、刑事実務においては、警察官や検察官は被害者に肩入れをしたり、
先入観念に基づいて捜査をすることも比較的多く、被疑者の声はなかなか捜査結果に反映されません。

また、逮捕・勾留された状態での取調べは想像以上にキツく、被疑者は、身柄を拘束された状態で高圧的な
取調べを受けたり、精神的に不安定な状態に陥っているため、真実に反する内容を認めてしまうことがあります。

そこで、弁護人に選任された弁護士は、選任と同時に被疑者の味方となり、被疑者を精神的に
サポートしながら、専門家の視点から捜査機関による犯人の取り違えや事実認定の勘違いを是正し、
刑事手続が公平に運営されるよう努力します。

仮に被疑者が犯罪を行ったことが明らかであったとしても、法律にのっとった正しい手続と事件処理が
なされるよう、弁護士は被疑者の味方となって、被疑者に対する暴力的・脅迫的な取調べや、
捜査機関による違法・不当な証拠収集を阻止し、刑事手続の適正な運営を実現します。

刑事弁護人は被疑者の絶対の味方です。

よい弁護士の選び方はこちらです

 

 

弁護士の仕事

 

弁護士の仕事とは、捜査段階(起訴前)では被疑者との面会を繰り返して取り調べの対応を助言し、
或いは、事実の確認をし、さらに被害者との交渉を行ったりします。

また、警察官や検察官と面接するなどして捜査機関が考えている犯罪の内容や証拠を判断し、
これに対応する事実や証拠を関係者から確認するなどの作業を行い、捜査の行き過ぎや誤認、
さらにこれに基づいて誤った処理が行われないよう監視します。

一般的に警察官や検察官は被害者の供述を信用して行う捜査が多く、被疑者の意見は中々通りません。

逮捕、勾留期間の取調べ中は被疑者に対しての当たりが厳しく、時として真実とは異なる内容も
認めてしまうことがあります。

弁護士は、ときには意見書を提出するなどして捜査官に注意を促し、また、
有利な材料を元に検察官と交渉して不起訴にさせたり、処分を軽くするように努めます。

起訴された後は、できるだけ早い段階で、被告人の保釈を請求します。

事案によっては公判がある程度進んだ段階で請求する場合もありますが、
被告人にとって勾留されていることのデメリットは、経営者であれば会社の倒産、
サラリーマンであれば勤務先からの解雇など非常に大きなものがあります。

これまで弁護士の間で「人質司法」といわれていたように、裁判官は検察官の反対意見を重視し、
なかなか保釈が認められず、被告人が事実を認めない限り、保釈を許さないような例もかなりありました。

被告人の精神的、肉体的苦痛は計り知れないものがあり、弁護士は、公判の状況が変わる都度、
保釈請求をするなどして、できる限りの努力をしているのです。

このほか、検察官の請求する証拠を検討し、方針を立てて、公判前整理手続に参加したり、
公判期日には裁判所に行って被告人と同席し、被告人にアドバイスをしたり、ときには被告人に代わって
質問に答えるなどし、さらに、被告人本人に有利な事実や証拠を落とさずに裁判所に提出します。

そして、本人に有利な法律構成を考え、証拠や検察官の対応、裁判官の言動などから見通しを
立てるようにしています。

無罪の主張の場合は無罪を裏付ける立証に努め、有罪の場合は刑が軽くなるように立証に努めます。

また、法廷では検察官が申請した証人の反対尋問を行ったり、被告人質問を行って有利な証拠を裁判官に
認識して貰うよう努力します。

最終段階の弁論手続においては、検察官の論告・求刑を視野に入れて、取り調べられた全ての証拠を
総合的に判断し、被告人が犯したとされる犯罪事実について弁護人から弁論要旨(弁護人の最終意見)を
陳述します。

そして、最後に被告人が証言台に立ち最終意見陳述を行うことになります。

刑事裁判に対しては、検察官出身の弁護士が良いという意見を聞くことがあると思います。

手前味噌ですが、捜査機関の捜査手法や刑事裁判の経験が豊富なため、有罪を争い、
無罪を主張するような場合には、相手の手の内も良く分かっているだけに頼りになるかと思います。

もし、家族や知人が刑事事件の犯人と疑われている場合、良い弁護士を選ぶ事が非常に重要となります。

良い弁護士とは、弁護人としてやるべき仕事をしっかりやる人、捜査機関や裁判所に本人の言い分を十分に説明できる人、信頼がおけて事実を隠すことなく素直に話しができる弁護士のことを言うのだと考えています。

 

 

 

逮捕されたらの詳細はこちら

 

3-10015.png 3-20014.png
3-30013.png 3-40012.png
3-50001.png

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved