• TOP
  • 当事務所の解決例

当事務所の解決例

ここでは、当事務所の解決事例の一部をご紹介させて頂きます。

危険運転致傷(赤色信号無視)の罪名で起訴されたが,弁護の結果,自動車運転 過失傷害に変更され,執行猶予を獲得した事例

ひき逃げの事案

危険運転致傷(赤色信号無視)の罪名で起訴されたが,弁護の結果,

自動車運転過失傷害に変更され,執行猶予を獲得した事例

【事案の概要】

依頼者が,普通乗用自動車で交差点を直進進行中,折から右折してきた普通乗用自動車と衝突し,相手が全治2週間程度の怪我を負い,また依頼者は,警察や救急車を呼ぶことなく,現場から立ち去ってしまった事案。 依頼者は,捜査機関に「交差点に進入する際に最後の見た信号の色は赤だった(赤色信号を無視した)」旨の意に沿わない自白調書や実況見分調書を作成され,事故から1年以上経過し,「危険運転致傷(赤色信号無視),道路交通法違反(ひき逃げ)」の罪名で起訴された段階で,当事務所にご来所されました。 相手方の怪我の程度は大きくないものの,道路交通法違反(ひき逃げ)も付いているので,危険運転致傷について,そのまま自白事件としてしまっては,相当程度,実刑になる可能性もある事案でした。

【経過・結果】…執行猶予処分

弁護士らが,改めて依頼者に信号の色について記憶を確認すると,「交差点に進入する際に最後に見た信号の色はあくまで『黄色』であった」という回答でした。そこで,赤色信号無視を前提とした示談交渉や嘆願書取得などにはあえて動かず,まず,検察官から訴訟記録の開示を待ち,客観的な事実を確認してから弁護方針を決定することとしました。 弁護士らが開示された記録を精査すると,相手車両の同乗者が,「右折レーンで右折待ちをしていて,信号が黄色に変わり対向車線の車が交差点から離れていたので,運転者に右折するよう指示を出した。」と述べていることに気付きました。弁護士らとしては,少なくとも上記同乗者が右折矢印の表示を確認してから右折を始めた旨を述べていないことから,依頼者が最後に見た信号の色は「黄色」であり,赤色信号を無視していない可能性が高いと考えました。 そこで,弁護士らが依頼者を伴って事故現場に行き,改めて依頼者の主張とおりに見分,現場を録画し,弁護士らが事務所に戻って現場で得たデータを基に計算をしたところ,相手車両の同乗者の言い分を前提とすれば,依頼者が最後の見た信号が「黄色」であった可能性が極めてという結果を得ました。これにより,弁護士らは,依頼者と相談の上,公判では,危険運転致傷(赤色信号無視)部分を争うという弁護方針を決定しました。 弁護士らは,第1回公判期日で危険運転致傷罪の成立を争う旨を述べ,その後,相手方車両の運転手の証人尋問をすることとなりましたが,同運転手が,証人尋問期日の直前に,「捜査段階で話したことが記憶とおりであるか自信がない。」と述べ始め,急遽,検察官は,危険運転致傷(赤色信号無視)で裁判を続けることを諦め,自動車運転過失傷害(ただの交通事故)として裁判が続行することとなりました(訴因変更手続といいます。)。 その後,依頼者のお兄様にも情状証人として出廷していただいたこともあり,依頼者は無事に執行猶予を獲得しました。

【コメント】

捜査段階で,自白の調書を取られていたので,危険運転致傷を争うのは簡単ではない事案でしたが,依頼者からの丁寧な聞き取り,記録の精査,現場への訪問など「当り前のことを当たり前にした」ことが道を開いたのではないかと考えます。 当事務所では,手間を惜しむことなく,弁護人として「当り前のことを当たり前に」行います。

振り込め詐欺に加担したと疑われて逮捕されたが,不起訴になった事例

詐欺事件の事例

振り込め詐欺に加担したと疑われて逮捕されたが,不起訴になった事例

【事案の概要】

依頼者は,知り合いの男性(A)から,誰か自分の仕事に協力してくれる人を紹介してほしいと頼まれたので,これに応じて友人(B)を紹介しました。実は,Aの言う仕事とは振り込め詐欺のことだったのですが,依頼者はこのことをAから全く知らされていませんでした。 後日,依頼者は,AやBと共謀して振り込め詐欺を行ったという容疑で,警察に逮捕されてしまいました。それと同時に,接見等禁止処分(弁護人以外の人との面会を禁止する処分)を受けてしまいました。

【経過・結果】…不起訴不処分

私たち弁護人は,依頼者の話を詳細に聴き取った上で,早期に捜査機関と面会し,依頼者には振り込め詐欺に加担するつもりなどなく,無実であるということを説明しました。 また,私たち弁護人は,接見等禁止処分の一部解除の申立てを行いました。その結果,依頼者は家族と面会することができたのです。 さらに,私たち弁護人は,逮捕された依頼者に何度も面会し,捜査機関による取調べへの対応について助言するとともに,自己の記憶に反して自白をすることがいかに危険であるかを丁寧に説明しました。
結果として依頼者は,勾留期間の満期日に処分保留で釈放され,その後,不起訴となりました。 不起訴という結果が得られた要因としては,①依頼者の主張を,早い段階で,かつ論理的に整理した形で捜査機関に伝えたことや,②依頼者が,身に覚えのない自白をすることの危険性を理解し,家族からの精神的な協力も得て,捜査機関の追及に屈することなく否認を貫いたことなどがあったと思われます。

傷害事件で長期勾留になりそうだったが、弁護士の対応により不処分にできた刑事事件の事例

傷害事件の事例

傷害事件で長期勾留になりそうだったが、不処分にできた事例

【事案の概要】

大学の新入生歓迎コンパ後,同コンパで同席した先輩が通行人グループに絡み,少年はそれに加勢してしまったため,相手方3名にそれぞれ全治2週間程度の怪我を負わせました。少年は,大学1年生で必修授業が多かったため,長期間勾留されてしまうと留年が必至でした。

【経過・結果】…不処分

本件の獲得目標は,①勾留阻止と②少年審判における不処分でした。 ①勾留阻止については,長期間の勾留は少年の留年につながる可能性が高いことを示す資料を意見書に添付して,検察官・裁判官と面会した結果,共犯者が犯行を否認しているにもかかわらず,勾留却下決定(勾留阻止成功)を得ました。 ②少年審判において,相手方との示談は,成人の刑事事件ほど重視されないとの指摘もありますが,少年の反省を示すためにも,相手方との示談に注力しました。相手方及び相手方弁護士との約4か月にわたる粘り強い交渉の結果,示談が成立し,少年審判でも,少年に前歴として,別件の傷害保護事件があったにもかかわらず,不処分を得ました。

投資勧誘につき詐欺罪として起訴されそうになったが弁護士の対応により不起訴になった刑事事件の事例

 詐欺事件の事例

投資勧誘につき詐欺罪として起訴されそうになったが不起訴にした事例

【事案の概要】

某薬の開発にかかる投資の勧誘につき,投資者が警察に被害届を出し,詐欺と疑われて,犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律(通称:振り込め詐欺救済法)により依頼者名義の口座が凍結されました。依頼者は,刑事事件となることを避けること,口座凍結を解除することを希望されて,相談・依頼されました。  

【経過・結果】…不起訴処分

当職は,凍結を指示した警察に対し丁寧に本件のビジネスモデルを説明した上,意見書に顧客の方とのメール履歴等を添付して,警察署に提出し,詐欺でないことを理解した警察署は,金融機関に口座凍結解除の指示を出し,無事,口座凍結は解除されました。

インターネット上の出会い系サイトで詐欺罪として捕まったが、弁護士の対応により不起訴にした刑事事件の事例

詐欺事件の事例

インターネット上の出会い系サイトで詐欺罪として捕まったが不起訴にした事例

【事案の概要】

依頼者は,インターネット上の出会い系サイトの運営会社にアルバイトとして雇われ,実際は男性であるにもかかわらず,女性のふりをして,サクラ行為をしました。警察に1度,呼ばれて取調べを受けた段階で,相談・依頼されました。被害額が甚大であったため,起訴された場合は,かなりの可能性で実刑の可能性がありました。  

【経過・結果】…不起訴処分

依頼者は当初,詐欺の認識を否定していましたが,話を聞いているうちに,自らが詐欺行為に加担している認識が少しながらあることが判明しました。また,受けていた利益が少ないこと,組織においては従属的な立場にあったことも判明したので,容疑を否認する方針を改め,未必の故意(もしかしたら詐欺かも知れないが,詐欺であっても構わない認識)はあったとして,罪を認めることとしました。そして,上記事情関連の資料に加え,本人の反省文や現在,職業訓練を受けており更生の見込みも十分であることにつき,資料を添付して検察官に提出し,不起訴を獲得しました。

450万相当の宝石を窃盗したが、弁護士の対応により不起訴になった刑事事件の事例

窃盗事件の事例

450万相当の宝石を窃盗したが、不起訴になった事例

【事案の概要】

依頼者は,勤務する宝石店の金庫から数度にわたり約450万円の宝石を窃取しました。窃取した宝石は,一部転売されていました。依頼者は,被害会社の社長から,「絶対に許さない。」旨の言葉を伝えられたことから,当事務所に相談・依頼されました。  

【経過・結果】…不起訴処分

当職は担当検察官と接触し,被害宝石を特定の上,粘り強く被害会社及び転売先会社と交渉しました。被害弁償の原資が少ないため,何度も分割払いで対応いただけるよう,被害会社及び転売先会社の顧問弁護士と交渉し(示談契約において分割払いを認めてもらうことは比較的稀です。),最終的に,分割払いの許可を得る代わりに公正証書を作成する形で,三社間の示談契約(宥恕文言(「許します」という文言)付き)が締結されました。それを担当検察官に提出し,依頼者は,不起訴処分となりました。

窃盗し検察に呼び出されたが、弁護士の対応により不起訴になった刑事事件の事例

窃盗事件の事例

窃盗し検察に呼び出されたが、不起訴になった事例

【事案の概要】

依頼者は,百貨店内にあるインポートブランドを扱う店舗から,バッグにまとめていれてあった衣服数点(約120万円相当)を窃取しました。依頼者は,検察官から呼び出されたため,当事務所に相談・依頼しました。

【経過・結果】…不起訴処分

当職は,同店舗を経営する会社のコンプライアンス部の担当者と数度交渉した結果,示談(宥恕文言(「許します」という文言)付き)が成立しました。また,建造物侵入の被害者である百貨店からは,「窃盗の被害者である会社の意向に従う」旨の回答を得ていたので,それを報告書にまとめ,上記示談書と併せて担当検察官に提出したため,不起訴処分を得ることができました。

過激派とみなされ、逮捕されたが弁護士の対応により不起訴になった刑事事件の事例

過激派とみなされ、逮捕されたが不起訴になりました

過激派とみなされ、逮捕されたが不起訴になりました。(東京都Kさん) Kさんは、公安が目をつけていた集会に定期的に出席していましたが、本人は過激派ではありませんでした。 ダイレクトバンク、インターネットバンク他人名義(パスポートの一部を偽造など)で複数5枚カードを作った際、過激派のマネーロンダリング用に作成したとみなされ、警察公安から逮捕されました。 事件としては、キャッシュカードを騙し取ったという事件でした。ただし、銀行へは弁償をしたため被害はありませんでした。通常は、生活安全課などが動くような事件ですが、この事件では公安が動いていました。 当事務所が弁護士に入り、不起訴とすることができました。 ポイントは、 ①被害が小さかったこと ②Kさんが精神薬を飲まなければならないような、心神耗弱(不安定)なこと の2点がありました。

地方公務員の方が交通事故を起こし、弁護士の対応により罰金で済んだ刑事事件の事例

交通事故の事案

地方公務員の方が交通事故を起こし、罰金で済みました(東京都Jさん) 地方公務員のJさんが自動車の運転中、歩行者優先道路の一時停止の標識がある場所で徐行しており、一時停止せず、道路に入ったところ、自転車に乗った女性と衝突してしまいました。 この事故で、女性は脳挫傷、複雑骨折を負い、最初の診断書では全治3ヶ月、最終的には全治約5ヶ月の重症と診断されました。 この件に関し、検察庁は公判請求を行いました。Jさんはこのまま行けば、懲役、禁固刑になってしまう可能性があります。Jさんは公判請求された段階で当事務所へご相談されました。 地方公務員は、教員は原則として禁固刑になった場合、失職することになっています。ただし、条例で地方公務員法の規定が定められており、県により異なっている為当事務所は県毎に調査をしました。 その結果、Jさんの場合には条例がなかった為、禁固刑になると失職してしまうことが判明しました。 当初、警察からは罰金で済むという見通しを伝えられておりJさん本人も安心をしていました。しかし、支部管轄の事件であった物が本庁が扱う事件になり、当初罰金で済むと伝えられていたものが禁固刑になる見通しとなりました。 その理由としては、 ・事故被害者の怪我が重かったこと。 ・一時停止を無視していたこと があります。 当事務所がJさんを弁護する際に念頭においていたのは、 ①果たして、「禁固刑になることで、職復帰ができなくなる」ことに値する事件なのか、という点。 ③結果は大きい物の、過失自体は小さい、という点。 ③全治期間が当初よりも延び、事故被害者の診断結果がおかしいという点。 ③について調べたところ、事故被害者に医療ミスがあり、病院を変えて2度手術を受けていたことが分かりました。 当事務所は、保険会社の調査員と協力し、レントゲン写真の提出、報告書の作成、また証人として、著名な整形外科の医者に証人になってもらうなどの弁護をいたしました。 最終的に、Jさんは罰金刑で済みました。 この案件では、判決が罰金か禁固刑かで相談者のその後の人生が大きく違う事例でした。

横断歩道上でのひき逃げの事故が弁護士の対応により執行猶予付の判決になった刑事事件の事例

横断歩道上でのひき逃げの事故が執行猶予付の判決になりました

ひき逃げの事案

横断歩道上でのひき逃げの事故が執行猶予付の判決になりました(東京都Iさん) Iさんが普通乗用車を運転中に、横断歩道で後ろ向きに立っていた小学生が飛び出してきて、接触してしまいました。軽く接触しただけであった為、Iさんは小学生が怪我をしていないと思い、車から降りて確認をすることなく、その場から離れました。 その時にIさんの後方にいた車に追跡され警察に逮捕されました。 【背景】 ・車から降りて、怪我の有無を確認せず。 ・横断歩道で一時停止をしていた。 ・「ひき逃げ」と「自動車事故運転過失傷害」として逮捕された ・相手の小学生の怪我は、全治1週間程度であった。 ・「ひき逃げ」かつ「横断歩道上での事故」は、とても厳しい司法判断がなされることが多く、示談ができないと実刑になる可能性があった。 【経過】 ・相手の親が、示談になかなか応じなかった。 ・保釈については、Iさんの仕事の関係上長く拘留されることは厳しいため。起訴されたその日のうちに保釈に持っていくために当事務所は最大限の努力した。 保釈の条件として、相手にあってはならないという条件があった為、先方との連絡は、保険会社を通じて行った。 ・Iさんは、任意保険に加入しており、前科もない。 【結果】 執行猶予つきの判決となった。

横断歩道上でのひき逃げの事故が執行猶予付の判決になりました(東京都Iさん)

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved