ホーム >  その他のよくある質問 >  訴訟をおこしたい場合はどうすればいいですか?

訴訟をおこしたい場合はどうすればいいですか?

民事訴訟とはまるで違う刑事告訴

危害を加えてきた相手に対して裁判を起こす方法は2つあります。1つは民事訴訟、もうひとつは刑事告訴です。この2つの方法は、似ているようで内容が全く違います。民事訴訟は損害賠償金の支払いを求めて裁判所に民事裁判の申し立てを行う行為です。
一方の刑事告訴は、刑事事件として捜査を行い、犯人を法的に罰してもらうことを求める行為になります。上記の性格から、刑事告訴は裁判所ではなく警察に申し出ることが一般的であり、告訴が成功しても損害賠償金の支払いなどは行われません。
もし、法律のもとに加害者を捌きたいのなら、刑事事件として警察に届け出を行うとよいでしょう。ただ、刑事告訴を行ったからといって、必ずしも告訴が受理されるとは限りません。むしろ受理される可能性は低いのが現状です。次節では、なぜ刑事告訴が受理されにくいのか、その理由について詳しく解説いたします。

刑事告訴が受理される可能性が低い理由

刑事告訴が受理されにくい理由は二つあります。まず一つ目の理由となるのは、警察の忙しさです。警察は常に未解決の事件を抱えています。そのため、申し出があった全ての案件を操作している余裕はないのです。
いかに真剣に告訴を申し出ても、重要度の低い案件だと判断されたら不起訴となることは免れないでしょう。もう一つの理由としてあげられるのが、「相手を確実に有罪にできる案件しか捜査しない」という警察の性格です。日々事件の捜査に追われている警察は、ほぼ100%有罪にできると確信できる事件しか捜査しません。
実際に、告訴を受理した事件の99%以上が有罪となっています。この警察の性格から、ほぼ確実に相手を有罪に追い込める証拠を揃えて告訴を申し出ないと、嫌疑不十分で不起訴となる可能性が高いのです。

 

弁護士の力を借りて受理の確率を上げる

前述したとおり、告訴を警察に受理してもらうのは難しいのが現状です。では、告訴を受理してもらう可能性を高めるにはどうすればよいのでしょうか。
その答えとなるのが、弁護士への相談です。刑事事件に強い弁護士ならば、より告訴が受理されやすくなるような申し出方法を心得ています。たとえば、告訴状の書き方一つでも、告訴のが受理される確率は高くなるものです。
また、優秀な弁護士なら、証拠の集め方についてもアドバイスしてくれます。証拠が揃えばより告訴が受理される可能性が高まるのは、いうまでもありませんね。
当然ながら、弁護士にを雇うには費用がかかります。着手金だけでも数十万円、告訴が受理されたらさらに数十万円の成功報酬の支払いが必要だと覚えておいて間違いないでしょう。
とはいえ、告訴を成功させるために弁護士の力を借りる価値は十分あります。無料で刑事事件についての相談を行っている法律事務所もあるので、刑事告訴を検討されている方は一度問い合わせてみるとよいでしょう。

刑事弁護士を選ぶ5つのポイント
ヴィクトワール法律事務所が選ばれる理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved