ホーム >  その他のよくある質問 >  損害賠償とはなんですか?

損害賠償とはなんですか?

損害賠償とはどういったものをいうのか

損害賠償とは、物を壊してしまったり、相手に怪我を負わせてしまったり、相手の方へ精神的苦痛を与えてしまったりといった場合に、その治療や修理にかかった費用などを金銭的に補償することをいいます。ですから、相手の方に損害が発生していなければ、当然補償という問題は発生しません。刑事事件などで、損害賠償という言葉をよく耳にしますが、刑事事件に関わらず、民事上の裁判においても損害賠償は発生して、相手に不利益を与えた場合のその償いをお金で解決するということといえます。刑事事件、民事事件いづれの場合においても損害賠償に関しては、専門家の意見を聞いて処理するほうが安全と言え、弁護士などの意見を聞くほうがスムーズに解決できるといえます。

 

損害賠償の問題にはトラブルがつきもの

刑事事件、民事事件いづれにおいても、損害賠償の問題はトラブルがつき物です。なぜトラブルがつき物かというと、お金が絡むからです。どうしてもお金が絡むと被害者は少しでも多くの損害賠償にかかる金銭を得たい思って、一方加害者は少しでも損害賠償として支払う金額を少なくしたいと重いものです。この双方の思惑の違いがトラブルのもととなりますが、そういったトラブルをおこさないためにも、弁護士などの法律の専門家とともに損害賠償の問題を処理していくことがベストです。弁護士は、損害賠償の問題が発生する、刑事事件、民事事件いづれにも精通しているので、金銭にからむトラブルの解決にも精通しているといえて、損害賠償にかかる賠償金額の選定などといった非常に難しい問題も、スムーズに解決してくれるので安心といえます。

 

損害賠償でもめるのが多いのは交通事故

損害賠償の問題で、最もよく問題が起こるのが交通事故の現場といえます。交通事故は最も一般市民にも身近な問題で、運転免許を持っている人にはついて回る問題ですが、交通事故が発生すれば、車の修理や怪我をさせた場合には相手への損害賠償の問題が発生します。そして、一番難しいのが、大きな怪我をした場合に、その症状がどの時点で完治して、どの時点までの症状を損害賠償の対象として補償するのかということです。交通事故の場合は、自動車保険に加入している場合がほとんどですから、保険会社が補償の金銭を支払う形が多いですが、保険会社は保険金を支払う金額を少しでも少なくしようとし、被害者はきちんと補償してほしいという双方の軋轢がうまれます。保険会社もプロですから、被害者としては保険会社の言いなりとなってしまって下手をすれば、十分な補償がされない場合もあります。そのようなトラブルから避けるためにも弁護士といった法律のプロに依頼して、交渉を進めていくことが、損害賠償の問題を安全に処理できる方法といえます。

刑事弁護士を選ぶ5つのポイント
ヴィクトワール法律事務所が選ばれる理由

お問い合わせ・ご相談はこちら

刑事弁護・無料相談受付中

メールでのお問い合わせはこちら

Copyright (C) 2014 Victoire Law Office All Rights Reserved